訪問看護ステーション

訪問看護とは?

病気や障害を持った方が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、 看護師(または理学療法士・作業療法士)が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立 への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。 お客様のかかりつけ医師と連携をはかり、定期的にお客様のご自宅へ訪問し、必要な医療処置、 リハビリテーション、その他看護ケアを行います。

サービス内容

健康管理
体温・脈拍・血圧など測り病状や体調の観察や判断をします
日常生活の看護
保清(清拭・洗髪・入浴介助・足浴・口腔ケアなど)・食事介助や経管栄養の注入・排泄ケア
医師の指示に基づく医療処置と医療器具の管理
床ずれ防止と処置・注射・点滴、痰の吸引・胃ろう・バルンカテーテルなど各カテーテル管理
リハビリテーション
関節拘縮の予防・歩行訓練・車イスへの移動
在宅療養のアドバイス
介護の相談・健康管理や日常生活の相談
ターミナルケア
ご自宅での最期を支えます

※その他、ご希望のケア内容をご相談の上、実施いたします。

訪問時間と訪問回数

介護保険
お客様が必要とするサービス・時間をケアマネージャーとご相談いただき、ケアプランに沿ってサービ スを実施致します。
医療保険
訪問時間の介護保険のように区分はありませんが、およそ30分〜1時間くらいです。
訪問回数は末期悪性腫瘍や難病などを除き、原則週3回以内です。 (保険の適応に関しては疾患や病状により異なります)

ご利用料金

介護保険
原則としてサービス料金の1割を負担いただきます。
例)1割負担で1時間利用の場合:900円/回
医療保険
医療保険証等の負担額により異なります。
その他
衛生材料、ガーゼ等は実費負担となります。詳細はお問い合わせください。

お電話での相談や必要と判断した場合は緊急訪問が可能です。

ページトップへ